寝る間も惜しんでminecraft 1.7.2

マインクラフトを最新Verでプレイした日記です。 建築アイデアとかいただけると喜んで作り始めるかもしれません。

延焼防止コマンド導入

  サーバールールにも書いてある通り、私の運営しているサーバーでは日本語化MODと軽量化MOD(optifine)以外の使用を禁止しています。これは、あのMODは入れて良いこれはダメなんて言ってるとキリがないというのと、MODの更新を待っていると常に最新バージョンでマインクラフトをプレイするという趣旨から外れてしまうからです。鯖主が導入めんどくさいというのは内緒です・・・

 ところでMODとは別にminecraftにはコマンドというものがあります。これはサーバーから許可されているプレイヤーしか使えないのですが、さまざまなゲームルール変更などが行えたりします。もちろん一般的なバニラプレイからは反則に近いものもあるため私も原則使用していませんが、今回サーバーを安全に運用するため一つだけゲームルールを追加させていただきました。

 導入したゲームルールはこちら
     ⇒  /gamerule doFireTick:炎が燃え広がるかどうか
 


04
  このコマンドの実行によっていわゆる炎の燃え移りがなくなります。木材に着火したとしても、着火された場所が延々と燃え続けるだけでブロックが延焼することがなくなるわけです。まあ、なんでこれだけ導入をしたかというと上の画像の田園の風車が・・・






40
  ウルトラ上手に焼けました。もう6ブロックくらいしか残っていません。原因は風車を作るときにネザーゲートの真正面に作ってしまったことですね、ブレイズのおじさんがいつの間にか漏れ出したらしくこんがり焼いていきました。
  もちろんネザーゲートをしっかり塞いでいないため起こった事故なのですが、本人がプレイしていない間にも時間が進み続けるマルチプレイということもあって、ログインしてみたら雷が落ちてて家全焼なんてことになったらやるせないな・・・と


  そういった経緯でこの延焼防止のコマンドだけすみませんが導入しています。導入後は着火地点が燃え尽きない代わりに、自然に消火されることもないらしくワールドのいたるところに落ちた落雷の炎が地面で燃え続けたりてたりします。ちょっとした弊害ですが、建物の安全が第一ということでしかたないですね。ではまた!

市役所の屋根と受付嬢

  市役所建築の2回目です。前回外壁を中心に作っていきましたが、今回は屋根の部分と内装になります。



13
  市役所を上から眺めた時や地図を作って表示した時に屋根の形や色が大事になってきます。今回は明るめな色の焼き石ハーフブロックをふんだんに使用して一面を埋めていきます。高所での作業というのと設置できる面積が薄いハーフブロックということもあって置き間違えまくりです。




18
  屋根は三角形を横に三つ並べたような形にしてます。三角形の中央の空間から明かりが漏れる形で照明を設置してきたいと思いますが、照明の設置は最後ですね。あとはやっぱり上に伸ばすと全体的にのっぺりしてくるのが課題。




31
  入口から入ってすぐの部分です。上は半円の吹き抜け空間を作ってあるので後でシャンデリアでも付けましょうかね。一階には市役所の窓口を設置、受付嬢をガラスで囲っている空間に配置していきます。




27
  受付嬢役にはもちろんこの方、アイアンゴーレムさんに担当をお願いします。入り口付近に侵入した不審ゾンビなんかを追い払ってもらいます。次回はいよいよ実用的な設備を整えていきます。ではまた!

拠点の池を田園にする

  マインクラフトの世界において食料がないというのは死活問題です。ただやみくもに動物を狩って肉を食べていても動物の数に限界があるので、村の中心にある池を利用して食糧難を解決していきます。



29
  少し古いものですが画像の右側にあるのがその池です。一応池の周りには小麦の種を蒔いていますがなかなか効率が上がってきませんでした。




59
  池の真ん中にも土を敷いて農作業ができるようにしました。いきなり自動回収できる設備が整うはずもないので、手動で回収です。




00
  遠出して回収したニンジンやジャガイモを育ててる方がいたので、そちらも種の提供をお願いしてます。




05
  だいぶ見られる畑になったのではないでしょうか、小麦とニンジンとジャガイモとカボチャとサトウキビを栽培できており、池の手前の小さな小屋で種やクワを収納し管理を行っています。
  畑が作っている間に周りの家もすごい勢いで作られて景色が変わっていくのがびっくりです。
  



04
  作物が植わっている部分を石ハーフブロックで囲い、バケツで水流を流すことでまとめて回収できるようにしています。自動化とまではいきませんが今はこれでも十分かと。こちらは共用の畑として、住人のみなさんに解放しています。
  最後にアクセントで作った、風車とレンガの橋がデートスポットとして人気です。ではまた!

まずここに市役所を建てよう

  前回の記事で整地した初期リスポーンの位置ですが、ここに公共の建築物の象徴ということで市役所を建てていきます。
  市役所の中には、食料や石ツール一式を提供してサーバーに加入したての人が最低限生きていける環境作りをしたいと思ってます。他にもエンチャントテーブルや、エンダーチェストなどの住人が暮らしやすくなる部屋を用意していき、共用の拠点とする予定です。



  05
  サーバー開設初日から共用の拠点として活躍していたお空に浮かぶ円盤型の拠点は、ここでその役割の大部分を市役所に移すことになります。高い場所に作ったせいで落下死する人続出でしたが良い拠点です。おつかれさま。
  



00
  こちらが市役所の建築予定地になります。建築を始める前は、焼き石の上においてある4つの土ブロックの範囲で建てる予定でしたが、あまりに小さすぎるとのことで最終的にはその6倍はあるサイズに設定して建築を始めました。




24
  まずは入り口側の壁作りから。扉は村人が勝手に開けないように鉄扉4枚で固めました。この時はまだ石レンガと板ガラスの割合をどのくらいにするのかで迷っていました。




14
  あまりに前面がのっぺりしていたので二階部分は思い切ってせり出させました。市役所の画像は基本的にこの角度から撮っていこうかと思います。
  大きな建築物を建てるときは考えることがいっぱいですが、中身に入ってくるものは大体決まっている建物なので、外観くらいしっかり固めていきたいですね。ではまた!

初期リスポ地点を整地をする

  マルチサーバーでの初期リスポーン地点がジャングルだったこともあって、湧きつぶしが難航してログイン直後にモンスターに襲われる人続出ということで、湧きつぶしを兼ねた整地をしました。



01
  少し見づらいですが、高く積み上げた丸石のタワー4本で囲った範囲200×200を整地範囲に決定。有志を集ってジャングルの木を切る作業からやっていきます。




09
  とにかくジャングルには背が高い木が多いというのと、地面に這うように葉っぱで覆われた原木を掘り返すのには苦労しました。一部は火打ち石で燃やしてしまった部分もあります。




32
  木の伐採が終わったら次はいよいよでこぼこの地面を平らにする作業。土ブロックだけならいいですが、石の山を崩すときは、まだTNTやダイヤピッケルも満足に作れない環境もありホントに時間がかかっています。最終的には整地箇所を焼き石で埋めていきます。




25
  すでにかなりの範囲が焼き石に置き換わっています。ジャングルの跡形もなくなっていますね。整地範囲が初見の方が最初に入る場所ということで、今後は公共の施設の建築場所として利用していく予定です。ではまた!


Minecraft ブログランキングへ minecraft部門で参加中です。1位目指してますのでポチッとお願いします。
スポンサード リンク
マルチサーバーについて
24時間稼働のマルチサーバーを現在も住民募集中で稼働させてもらっています。  こちらの 7つのお約束を確認の上、管理人にお問い合わせ願います。
最新コメント
プロフィール

ガイウスさん

お問い合わせ
  • ライブドアブログ