前回の記事で整地した初期リスポーンの位置ですが、ここに公共の建築物の象徴ということで市役所を建てていきます。
  市役所の中には、食料や石ツール一式を提供してサーバーに加入したての人が最低限生きていける環境作りをしたいと思ってます。他にもエンチャントテーブルや、エンダーチェストなどの住人が暮らしやすくなる部屋を用意していき、共用の拠点とする予定です。



  05
  サーバー開設初日から共用の拠点として活躍していたお空に浮かぶ円盤型の拠点は、ここでその役割の大部分を市役所に移すことになります。高い場所に作ったせいで落下死する人続出でしたが良い拠点です。おつかれさま。
  



00
  こちらが市役所の建築予定地になります。建築を始める前は、焼き石の上においてある4つの土ブロックの範囲で建てる予定でしたが、あまりに小さすぎるとのことで最終的にはその6倍はあるサイズに設定して建築を始めました。




24
  まずは入り口側の壁作りから。扉は村人が勝手に開けないように鉄扉4枚で固めました。この時はまだ石レンガと板ガラスの割合をどのくらいにするのかで迷っていました。




14
  あまりに前面がのっぺりしていたので二階部分は思い切ってせり出させました。市役所の画像は基本的にこの角度から撮っていこうかと思います。
  大きな建築物を建てるときは考えることがいっぱいですが、中身に入ってくるものは大体決まっている建物なので、外観くらいしっかり固めていきたいですね。ではまた!