市役所も外装が整い、いよいよ中に実用的な施設を作っていきたいと思います。




46
 まず今回紹介する施設はレベル可変式エンチャントテーブルです。普通にエンチャントテーブルを右クリックすれば、最低レベルでのエンチャントができ・・・




52
  手前の感圧板に乗った状態であれば本棚がせり出してきて最大レベルでのエンチャントが可能となります。ここには最低と最大の2パターンしかないですが、最も多く利用するレベル帯かと思いますので充分機能するかと思います。




29
  簡潔で済みませんが可変式エンチャントテーブルの仕組みです。難しいことなど考えず粘着ピストンに向かってリピーターを設置して、リピーターをレッドストーンで繋げているだけです。画像の同じような回路を反対側にも組み、感圧板の下にレッドストーンを繋げればすぐに動作するかと思います。

  必要な素材は、
    粘着ピストン                      15個
    本棚                       15個
    レッドストーンリピーター         17個
    感圧板              1個
    エンチャントテーブル       1個
    レッドストーンパウダー    少々

     です。回路がシンプルなのもあって比較的安上がりかと思います。スライムが湿地帯にスポーンするようになって、粘着ピストンが簡単に作れるようになったのが大きいですね。 

  せっかくエンチャントテーブルがあるのだから金床も欲しいところですが、あちらは使えば減る消耗品でコストも高いこともあり市役所への設置は今のところ未定です。素材になる鉄ブロックは受付嬢の召喚に飲み込まれましたし。ではまた!