お久しぶりです。前回100記事を記念する記事を前後編に分けて書こうとしたら、前編を書いたところで力尽き半年以上更新を怠ってしまいました。後編を書くのは気が向いたらになりそうなんですが、これからはぼちぼち更新を復活しようかと思います。

今日からは4月になるわけですが、思えば一年前の4月に自分のサーバーを苦労して開設したことを思い出し、久々に自分のサーバーに入ってみました。



30


予想通りの場所からスタートするわけですが、入ってみていきなり違和感を感じます。違和感の正体は湧き潰しされた草原ではなくプレイヤーキャラの右手の袖の色みたいです。



03
F5を使って自分のキャラクタを映してみるとオッサンになってました。所謂村人かと思いますが、もちろん今までの自作のスキンからこんなスキンに変更した記憶はありませんので、もしかしたらIDが他人に渡ったのかとか、デフォルトのスキンがすべて村人になったのかとか考えましたがしばらくプレイしてみたら他の部分も変わっていたのでなんとなく理解しました。




13
なんと歩く音も、羊の鳴き声も、肉を食べる音もすべてオッサンの声になっていました(村人の声ではなく撮り下ろしっぽい)
極めつけは水流のあるところで、水流ひとつひとつがオッサンの声でwater,water,water・・・
言ってきます。これはウザい。




57
おそらくエイプリルフールということでスキンと音声が書き換わっているものかと思います。クリスマスといいイベントのある日ごとにこういうことをしてくれるのは正直プレイヤーとしては楽しいですね。今記事を書いている間にも雨音を表現したオッサンの声が絶え間なく聞こえてくるのはさすがに鬱陶しいですが。

当ブログの更新復活宣言も4月1日ですがエイプリルフールネタにならないようまたマイペースに続けていければと思います。ではまた!