寝る間も惜しんでminecraft 1.7.2

マインクラフトを最新Verでプレイした日記です。 建築アイデアとかいただけると喜んで作り始めるかもしれません。

ホッパー

ポーション自動醸造施設

  1.5バージョンアップから一週間で早くも1.5.1が公開されたようですね。1.5に比べると動作が軽いかなというイメージで割といい感じです。

  さて今日はまた1.5から追加されたホッパーとドロッパーを使ってポーションの醸造を自動化してみようと思います。ボタン一つでポーション台に必要なアイテムを投入してくれるようになるのでかなり捗ります。
   ※解説のため一部クリエイティブのワールドを使用しています。



03
  まず完成した物から見るとこのようにドロッパーに醸造に必要なアイテムを入れて並べて、ボタンを押すことで手前のホッパーへ流していき、最終的にはポーション台の方へ順番に投入されていく形になります。



16
  ここからの画像は解説用に同じものを作りました。
  
  ポーション台の横から繋がっているホッパーに水入り瓶を入れてあり、上のチェストに入れることでポーション台に自動で水入り瓶を供給してくれます。
  ポーション台の上の方についているホッパーは先ほどのドロッパーに繋がっていて素材になるアイテムを運びます。



45
  ドロッパーの裏の回路を上から見た画像です。この回路に動力をスイッチで入力することでアイテムが飛び出します。
  
  全てのドロッパーへの回路の接続にはレッドストーンリピーターを使用しています。一番右側(ネザーウォート入り)は遅延0、真ん中の4つ(金スイカ等入り)は遅延2、一番左側(レッドストーンパウダー又はグロウストーンパウダー入り)は遅延4×2個となっております。
  この理由としてはネザーウォートを最初に入れたいというところと、最後のパウダー系が変なタイミングで入ってしまうとその後のアイテムがつっかえてしまうので、確実に最後に入れたいアイテムということで遅延を入れています。




20
  こちらはポーション台の真上のホッパーにアイテムが残っていると光るようにコンパレーターとレッドストーントーチを使ったランプです。このランプが点灯している間はまだホッパーにアイテムが残っていてポーション醸造中ということになります。必須ではないですが分かりやすくなるかと思いつけました。


 11
  動作は非常に安定して運用できています。ですがいつかはポーションを取り出すところまでを完全自動化できればと思っています。ではまた!

天空トラップタワー出張版(2)

  山岳バイオーム天空トラップタワーの続きです。処理層の紹介ですが、落下して処理しているのでやっぱり1.5から登場のあのアイテムが使われています。

40














  モンスターが落下してくる部分を作っています。いままで落下して処理をするタイプのトラップタワーは、柵の上に水流を流すことで処理とアイテム回収をしていましたが、水流ではモンスターがダメージを受けなくなってしまったため水流が使えなくなってしまいました。そんな時にこのホッパーが登場したので、アイテムの回収ができる床としてこれからの主流になってきます。

  55















  最終的にはこんな感じに一つ一つのチェストにアイテムが入っていきます。ちなみにチェストを一つずつ横に並べるときは、普通のチェストとトラップチェストを交互に置くことでできるようになっています。やったね!


42














  今のところ問題は、処理部分の端っこばかりにモンスターが落ちてくるのでどうしても端っこのチェストがすぐ満タンになってしまってホッパーがアイテムの回収をやめてしまうことでしょうか。この辺りは今後直す予定です。
52














  額縁をチェストに貼り付けるとアイテムの仕分けがほんとに楽ですね。このアイテムを分別する作業を自動化できないか現在試行錯誤中です。いい案ができたらまた紹介できればと思います。ではまた!

ホッパーを利用した自動かまど

  ホッパーを利用した自動かまどを自宅に設置しました。便利すぎてやばいです。
BlogPaint














  今までは、かまどに焼きたい物と燃料をそれぞれのかまどの上と下のスロットに手動で入れていましたが、ホッパーの登場によってその手間が大幅に削減されました。
  画像ではかまどの上と横に、ホッパーを接続しています。右クリックをするとインベントリが開いてしまうブロックにアイテムを設置したいときは、シフトを押してしゃがみながら右クリックするとインベントリが開かずに設置することができます。
  画像のように接続することで、ホッパーの上に載せたチェストに入れたアイテムを自動でかまどに流し込む処理をしてくれます。上のチェストから入れたブロックは焼かれる側のスロットに、横から入れたアイテムは燃料スロットに入ることになります。

53














  かまどの真下にまたホッパーを接続してその下にチェストを設置していますが、このチェストの部分がかまどで焼かれたアイテムの受け皿となって溜まっていきます。燃料の安定供給さえできれば、最初に丸石をチェストに放り込んでおくだけで自動で焼き石を作ることができますのでいい感じです。時代の進歩を感じます。ではまた!

ホッパーな自動鶏小屋

  せっかくホッパーという便利アイテムがバージョン1.5のスナップショットから登場したので、今回はそれを鶏小屋へ流用して自動化を図りました。
54














  まずは一階部分に床と壁づくり、せっかくなんでこちらも新アイテムの大理石を敷き詰めました。

BlogPaint














  二階部分には今回の中心アイテムであるホッパーをこのように設置。平面に四つに並べられたホッパーが最終的に一つ下に接続されている一つのホッパーに繋がっているのがわかります。このように接続していることで上の四つのホッパーで回収したアイテムはすべて一番下のホッパーに流れていきます。


29














  ホッパーの下にはディスペンサーが繋がっていて、上のホッパーから流れてきたアイテムをクロック回路によってひたすら打ち出し続けます。


49














  三階の鶏小屋です。鶏が乗っているのは先ほどの四つのホッパーの上です。この鶏小屋で卵を産むと、すぐに下のホッパーが回収してディスペンサーまで卵を流しクロック回路で打ち出します。
  ちなみに鶏の脱出対策にガラスは二重に張っています。

02














  ディスペンサーで打ち出された卵からは確率で鶏が誕生してくれます。これは一時間放置して鶏をためた後の図です。この状態からならばいつでも鶏肉の回収が可能です。
  上部にあるピストンで下に溜まった鶏が鶏肉を落とす鶏になるのを待っています。

  いままで自動鶏小屋で行っていた、回収した卵を割って鶏にするという作業が自動化できるようになりました。鶏を処理する部分も自動化できそうですが、鶏肉を落とすまで成長するタイミングがなかなかつかめないので不安定になりそうです。なので今回は処理に関しては手動で行っています。

         ※2013/2/13 一部訂正

今年最初のスクリーンショット 13w01a

  いろいろ開発してたらスクリーンショット13w01aが来てましたね。バージョン1.5ではレッドストーン関連に大幅なてこ入れが入るみたいなんですが、今回のスクリーンショットでもレッドストーン関連の新アイテム中心にアイテムが大量に追加されてたのでいくつか面白そうなものを紹介してみます。



24














  まずネザーに生成される新鉱石のネザークォーツ(名前は未確定)です。ネザーラックがある場所なら割と簡単に見つかります。
  使用ツールはツルハシ系で、大体石炭と同じくらいの量が一度に取れる感じでした。ネザークォーツはレッドストーン関係の新アイテムに使われていくようです。


52














  ネザークォーツを使ったアイテムの一つです。いわゆるソーラーパネルですね、日光を浴びている時にレッドストーンを出力します。
  活用すれば夜だけにレッドストーンランプを点灯させたりできそうですね。






12














  こちらは石とチェストで作れるホッパーというアイテム。上のアイテム画像だけだとどんな物かわかりませんが実際に設置してみると漏斗のような形をしたものです。

 
01  














  チェストの上に設置してあるのがホッパーです。
  ホッパーの性質で上に載っているドロップアイテムを吸い込みます、さらにその下にチェスト等のインベントリがあるアイテムを設置してあると自動でしたのインベントリに移動させてくれます。
  これからはトラップタワーのアイテム回収地点にもホッパーを置くのが定番になってくるかもしれません。正直超便利アイテムです。



24














  最後の紹介に待望のレッドストーンブロックです。設置するとレッドストーントーチと同じ範囲に出力しますが、レッドストーンブロックの方はピストンで移動させたりできたり、水中に設置できたりするので今後新しい回路開発に大いに期待できそうです。

04














  このように設置したレッドストーンブロックを・・・
09














  ピストンで押し出すことで他の回路の起点にできたりします。(具体案はまだ考えていません)



  最近のminecraftアップデートはいわゆるMODと呼ばれるファン制作の拡張要素から参考にして、公式でのアップデートにつなげることが多いようです。ホッパーなんかは工業系ですと自動化の定番のアイテムですし、レッドストーン回路もこれからますます複雑になってゆくんでしょう。
  まだまだいろいろ新要素がありますが今回はスクリーンショットで特に気になったものだけピックアップして紹介しています。1.5バージョンアップが来るまで時間があるので他のアイテムも使う機会があれば紹介したいと思います。ではまた!

Minecraft ブログランキングへ minecraft部門で参加中です。1位目指してますのでポチッとお願いします。
スポンサード リンク
マルチサーバーについて
24時間稼働のマルチサーバーを現在も住民募集中で稼働させてもらっています。  こちらの 7つのお約束を確認の上、管理人にお問い合わせ願います。
最新コメント
プロフィール

ガイウスさん

お問い合わせ
  • ライブドアブログ