寝る間も惜しんでminecraft 1.7.2

マインクラフトを最新Verでプレイした日記です。 建築アイデアとかいただけると喜んで作り始めるかもしれません。

マインクラフト

エンダードラゴン討伐戦(後編)

  エンドポータルを完成させていよいよジエンドに突入です。
04
  ジエンドに入ったらエンダードラゴンを倒すまで、死んでリスポーンするしか地上世界に戻る方法がありませんし、ジエンドから落下してしまえば全ロスト確定です。リスポーン対策にエンドポータル近くにベッドを置いておくと戦線復帰が早まります。




40
  ジエンドに入ったら黒曜石の足場に、エンドストーンで覆われた場所に出ると思います。エンドストーンを素早く掘り出し、上に出ないとすぐにエンダードラゴンがやってきてしまいます。
  上に出たら黒曜石の塔があり、その上にクリスタルが乗っていると思うのでそれをまずは壊していきましょう。クリスタルがある限りエンダードラゴンは体力を回復できることになってしまいます。壊す手段としては弓か雪玉を投げつけるのが有効です。この時地上に湧きまくるエンダーマンと目を合わせないように。
  ※エンダーマンによる集団リンチが一番死亡率が高いと思われる(私は2回死にました)





16
  クリスタルさえ壊してしまえば、後はエンダーマンに気を付けつつ空の王者のごとく飛び回ってるエンダードラゴンを狙撃します。こちらに滑空攻撃を仕掛けてきた時が一番の攻撃チャンスなので、その時に弓矢を最大まで溜めて攻撃しましょう。弓にダメージ増加のエンチャントを付けておくと大幅に時間短縮ができます。






  そして・・・






BlogPaint
  無事討伐達成。空から経験値オーブが降り注ぎ、エンダードラゴンが倒れた場所にできる岩盤の台座の上で参加者全員記念撮影です。こちらの台座に飛び込むことでminecraftはエンディングになります。ラスボスという存在のエンダードラゴンですが、決してラスボスを倒したからと終わりにするゲームではないので、これからも開拓は終わりません。ではまた!

エンダードラゴン討伐戦(前編)

  なんの前触れもなくマルチワールドに遺跡が発見されたようです。しっかりエンダーポータルも生成されていたので、こうなったらやることは一つしかありません、エンダードラゴンの討伐です。



50
  発見されたエンダーポータルですが、エンダーアイが不運にも1個もはまっていません。いつもなら3個くらいははまっているイメージですが・・・ しかたなく総員でエンダーパールを集めに行きます。





05
  拠点からちょっと離れた場所にできた遺跡だったのでネザーゲートで遺跡付近まで繋ぎました。一同がエンダードラゴン戦に向けて弓や防具の準備をしている一体感はパーティプレイならではですね。





04
  そしていよいよラスト一個・・・ ポータルの下のマグマはなんだか怖すぎるので塞ぎました。シルバーフィッシュのスポーンブロックなど言わずもがなです。最後の一個をはめこんでいざエンダーワールドです。ではまた!

拠点の上に天空の家を建てる(完)

  いよいよ自宅建築の記事もこれで最後です。画像多めで屋根と自分の寝室を主に作っていきます。




51
  二階に作った装飾済みゲストルームです。この上の階にベッドが置いてありゲストの方はそちらでお休みしてもらいます。
  


11
  ゲストルームから登って屋上に出ると、テラスがあり猫さんが元気よく湧いてます。花壇を用意してもいいかもしれませんね。




25
  屋根は松の階段で作りましたが、屋根の上に一か所だけ飛び出しているところが。ここが私の自室兼リスポーン地点になっています。




34
  中は狭いですが、ベッドの横に装備品(剣、ピッケル、水入りバケツなど)と回収に向かうためのアイテム(ベイクドポテト、迅速のポーションなど)が入っており全ロストを防ぐために必死です。リスポーン地点にはやはり気を使った方がいいですよね。



24
 自室の窓から夕焼けがきれいに見えます。ここだけは方角を計算して作りましたが良いものです。





28
 最後に全体図を載せて終わりたいと思います。土台から始まり天空にこれだけ巨大なものを作るのは初めてで時間も素材も掛かったのですが、全く何もなかったスタート地点から完成までを見るとある種の感動があります。また地上での生活に飽きてきたら、今度は地下にでも巨大な建築物を作りましょうかね。ではまた!

半年経ちました

寝る間も惜しんで

  早いもので本日でブログを始めてから半年が過ぎたようです。個人的にはまだ半分の3ヶ月くらいしか経ってないような感覚なのですが(サボリ過ぎで実際に更新ペースは2日に1回である)
  おかげさまで今月に入って累計訪問者数も10万人を突破し、累計アクセス数も25万まで伸びてきていて最初想像していたより全然多い数字なので、驚きと読者の方への感謝でいっぱいです。


  もうすぐで記事の数も100記事に達するので今までの振り返りまとめもしたいのですが、シングルでの建物紹介に始まり新要素の解説やマルチサーバーを建てたりとまとまりのないことをここまでやらせていただいているので、100記事到達した時には1つ代表して、バージョン1.4から遊んでいるシングルワールドのワールドマップとセーブデータを配信したいなと思ってます。ブログで紹介をしている建物以外にもたくさんの建築物やギミックが詰まってると思うので、ぜひ一度ダウンロードしてご自身の手で遊んでいただけたらと思います。


  今後もまとまりのないブログだと思いますが、これからもお付き合いお願いします。ではまた!

自動精錬施設とかまどの燃料について

  前回の記事で自動精錬施設を載せたので少し解説を。



  自動精錬施設はバージョン1.5から追加されたホッパーを利用して、精錬するアイテムと燃料をかまどに移すという作業と、精錬が完了したアイテムをかまどからチェストに移すという作業を自動化することです。またもやホッパーが必要になるテクニックですが作業の手間がだいぶ減りますよね。

  作り方はいたって簡単で、ホッパー3つとかまど1つとチェストを最低3つを画像のように繋げることでできます。かまどにホッパーを付けるときは、シフトを押してしゃがんだ状態でかまどを右クリックすることで付けることができます。下の画像のように完成したらあとはそれぞれのチェストにアイテムを入れるだけです。
BlogPaint



  燃料について
   個人的に使ってる燃料を3つだけ紹介します。自動精錬が可能になってメインになる燃料の勢力図も変わったと思いますので。
   
    石炭         精錬数1個あたり=8
       ・・・どこでも採れる燃料です。幸運で採掘量を増やすことができるメリットはありますが燃料以外にも松明として大量に消費するので、そちらの方で活躍してくれるのがありがたいのですが序盤はメイン燃料になります。

    
    ブレイズロッド  精錬数1本あたり=12
       ・・・ブレイズ経験値TTを作ると勝手に溜まっていきますよね。ブレイズロッドも燃料以外にさまざまな使い道がありますが、石炭ほど大量には消費することはないと思うので経験値TTを使っているなら十分運用に耐えられます。


    溶岩入りバケツ 精錬数1杯あたり=100
       ・・・地下深くにあるマグマだまりや、ネザーに足場を作ることでいくらでも汲むことができます。1.3から使い勝手が向上して、燃料として使用した場合にバケツが消費されなくなり、そして今回の自動精錬施設において精錬アイテムと一緒にバケツを自動回収してくれるのも追い風です。1単位当たりの精錬数が飛びぬけて良く、4杯ほど燃料として投下すれば1時間以上に渡ってかまどを燃やし続けてくれます。バケツを一定数確保してネザーに供給ラインを作れれば、消費するアイテムの無いメイン燃料として活躍してくれると思います。

  ◇ まとめると、いままで使い勝手が悪かった溶岩入りバケツが一気に良燃料になったと思います。他の燃料は今まで通り使えますが、石炭は松明にしたいので最近はあまり使っていません。
   
  ここまで良いことばかり書いてきた自動精錬ですが、一つだけデメリットがあるとすれば精錬アイテムをかまどから取り出す時に発生する経験値を取得できないことですね。経験値がどうしても必要な場合はアイテムを取り出す作業だけ手動で行ってもよいかもしれません。ではまた!

Minecraft ブログランキングへ minecraft部門で参加中です。1位目指してますのでポチッとお願いします。
スポンサード リンク
マルチサーバーについて
24時間稼働のマルチサーバーを現在も住民募集中で稼働させてもらっています。  こちらの 7つのお約束を確認の上、管理人にお問い合わせ願います。
最新コメント
プロフィール

ガイウスさん

お問い合わせ
  • ライブドアブログ