寝る間も惜しんでminecraft 1.7.2

マインクラフトを最新Verでプレイした日記です。 建築アイデアとかいただけると喜んで作り始めるかもしれません。

レッドストーン

市役所に可変式エンチャントテーブルを設置する

  市役所も外装が整い、いよいよ中に実用的な施設を作っていきたいと思います。




46
 まず今回紹介する施設はレベル可変式エンチャントテーブルです。普通にエンチャントテーブルを右クリックすれば、最低レベルでのエンチャントができ・・・




52
  手前の感圧板に乗った状態であれば本棚がせり出してきて最大レベルでのエンチャントが可能となります。ここには最低と最大の2パターンしかないですが、最も多く利用するレベル帯かと思いますので充分機能するかと思います。




29
  簡潔で済みませんが可変式エンチャントテーブルの仕組みです。難しいことなど考えず粘着ピストンに向かってリピーターを設置して、リピーターをレッドストーンで繋げているだけです。画像の同じような回路を反対側にも組み、感圧板の下にレッドストーンを繋げればすぐに動作するかと思います。

  必要な素材は、
    粘着ピストン                      15個
    本棚                       15個
    レッドストーンリピーター         17個
    感圧板              1個
    エンチャントテーブル       1個
    レッドストーンパウダー    少々

     です。回路がシンプルなのもあって比較的安上がりかと思います。スライムが湿地帯にスポーンするようになって、粘着ピストンが簡単に作れるようになったのが大きいですね。 

  せっかくエンチャントテーブルがあるのだから金床も欲しいところですが、あちらは使えば減る消耗品でコストも高いこともあり市役所への設置は今のところ未定です。素材になる鉄ブロックは受付嬢の召喚に飲み込まれましたし。ではまた!

【製品版バージョン1.5】アップデート更新内容簡単にまとめてみました

   そろそろ製品版バージョン1.5がやってくるとアナウンスがあってからずいぶん時間が経ちますが、先日公開されたスナップショット13w07aに特に追加要素がなかったことを見るともうバージョン1.5で変わる内容はすべて出揃ったかと思います。なのでここで1.5に関してのちょっとしたまとめをしようと思います。

  1.5が来たら新アイテム目当てにすぐにアップデートをする方もいらっしゃると思いますが、アップデートによって今までできていたことができなくなったり、アイテムクラフトのためのレシピが変わっていたりと不自由になることもあったりします。過去では適正アイテム以外での採掘速度が遅くなったり、本のレシピに牛の皮が追加されたため本棚の作成が面倒になったりしましたね。
  アップデート後のマインクラフト生活を少しでも楽しく送るためにしっかりと今回のアップデートでの変更点について理解したうえでアップデートのタイミングを見極めていきたいですね。
  


               バージョン1.5で変わるところ

  
  レッドストーンに関連した新アイテムの追加

 
ソーラーパネルだったり、ドロッパーであったりレッドストーンの入力装置と出力装置が大幅に増えます。今回のアップデートはレッドストーンアップデートと銘打ってるくらいなので目玉になるところですね。
 前回までの記事に新アイテムについていくつか紹介しているものがあるのでそちらを参照に願います


  
  ネザーに新鉱石Nether Quartz Oreが生成されるように!

 ネザーに新鉱石です。先ほどのレッドストーンの新アイテムに使ったり、4つを固めて大理石(3種類)を建材として作ることができます。
  51















 
 新鉱石はアップデート後に新規生成された場所にしか生成されないので、アップデート前にあまりネザーを開拓したくはないですね。


  ビーコンの効果範囲がちょっとだけ拡大!

 
以下のように狭かった効果範囲が多少改善されています。
 1層ピラミッドの効果範囲 33ブロック分→41ブロック分
 2層ピラミッドの効果範囲 49ブロック分→61ブロック分
 3層ピラミッドの効果範囲 65ブロック分→81ブロック分
 4層ピラミッドの効果範囲 81ブロック分→101ブロック分
 正直もっと範囲拡大されてもいいような・・・


  階段を走って登れるように!
 
 いままでできそうでできなかった、走ったまま階段を上るという行動ができるようになりました。これはホントにうれしい、今までは結構階段の代わりにハーフブロックを使って走れるようにしてたのでその手間がなくなりました。
  21

















  
  骨粉が確実に弱体化・・・

 
今までどのような植物に使っても一瞬で最大まで成長ができた骨粉に仕様変更が入りました。
  02















  例えば木の苗に使うと緑色のきらきらエフェクトが出るだけで一回使っただけでは気に成長せず、一つの木の苗に複数回骨粉を使う必要が出てきました。他にも小麦の種に使った場合一段階だけ成長をするだけで一気に小麦へは成長しません。これはディスペンサーで植物に骨粉を与えることができるようになったことに対する調整でしょうか。

  

  今までのテクスチャパックが使用不可に・・・

 
テクスチャのシステムが変わるようで今までのバージョン1.4.7までに使えたテクスチャが使えなくなります。これはブロック一つ一つに個別のテクスチャを設定できるようにするためらしいのですが、いままで慣れ親しんでいたテクスチャがしばらく使えなくなったりするかもしれません。


  

  アップデート内容についてすべてを網羅しているわけではないのですが、個人的に気になった点をピックアップしてまとめてみました。ご参考になれば幸いです、分かり辛い点や間違っている点ありましたらご指摘お願いいたします。ではまた!

今年最初のスクリーンショット 13w01a

  いろいろ開発してたらスクリーンショット13w01aが来てましたね。バージョン1.5ではレッドストーン関連に大幅なてこ入れが入るみたいなんですが、今回のスクリーンショットでもレッドストーン関連の新アイテム中心にアイテムが大量に追加されてたのでいくつか面白そうなものを紹介してみます。



24














  まずネザーに生成される新鉱石のネザークォーツ(名前は未確定)です。ネザーラックがある場所なら割と簡単に見つかります。
  使用ツールはツルハシ系で、大体石炭と同じくらいの量が一度に取れる感じでした。ネザークォーツはレッドストーン関係の新アイテムに使われていくようです。


52














  ネザークォーツを使ったアイテムの一つです。いわゆるソーラーパネルですね、日光を浴びている時にレッドストーンを出力します。
  活用すれば夜だけにレッドストーンランプを点灯させたりできそうですね。






12














  こちらは石とチェストで作れるホッパーというアイテム。上のアイテム画像だけだとどんな物かわかりませんが実際に設置してみると漏斗のような形をしたものです。

 
01  














  チェストの上に設置してあるのがホッパーです。
  ホッパーの性質で上に載っているドロップアイテムを吸い込みます、さらにその下にチェスト等のインベントリがあるアイテムを設置してあると自動でしたのインベントリに移動させてくれます。
  これからはトラップタワーのアイテム回収地点にもホッパーを置くのが定番になってくるかもしれません。正直超便利アイテムです。



24














  最後の紹介に待望のレッドストーンブロックです。設置するとレッドストーントーチと同じ範囲に出力しますが、レッドストーンブロックの方はピストンで移動させたりできたり、水中に設置できたりするので今後新しい回路開発に大いに期待できそうです。

04














  このように設置したレッドストーンブロックを・・・
09














  ピストンで押し出すことで他の回路の起点にできたりします。(具体案はまだ考えていません)



  最近のminecraftアップデートはいわゆるMODと呼ばれるファン制作の拡張要素から参考にして、公式でのアップデートにつなげることが多いようです。ホッパーなんかは工業系ですと自動化の定番のアイテムですし、レッドストーン回路もこれからますます複雑になってゆくんでしょう。
  まだまだいろいろ新要素がありますが今回はスクリーンショットで特に気になったものだけピックアップして紹介しています。1.5バージョンアップが来るまで時間があるので他のアイテムも使う機会があれば紹介したいと思います。ではまた!

Minecraft ブログランキングへ minecraft部門で参加中です。1位目指してますのでポチッとお願いします。
スポンサード リンク
マルチサーバーについて
24時間稼働のマルチサーバーを現在も住民募集中で稼働させてもらっています。  こちらの 7つのお約束を確認の上、管理人にお問い合わせ願います。
最新コメント
プロフィール

ガイウスさん

お問い合わせ
  • ライブドアブログ